人気ブログランキング |

<   2014年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

奥飛騨へ

家族で奥飛騨に来ています。

今日は娘と二人、朝岐阜を出発。
高山で夫と合流、
朴ノ木平でバスに乗り、乗鞍スカイラインを通って乗鞍岳畳平へ。

f0084573_20554734.jpg


富士見岳
f0084573_20592854.jpg


前回は魔王ヶ岳に登ったので、今回はちょっと高いこの富士見岳に登ってみました。
f0084573_21377.jpg


富士見岳からの眺め

鶴ヶ池側
f0084573_2162685.jpg


左端に見えるのが、剣ヶ峰
f0084573_2171351.jpg


不消ヶ池
f0084573_2192934.jpg


長野県側
f0084573_21275846.jpg



お花畑
f0084573_21111455.jpg




山を背景に、この建物の雰囲気、
スイスアルプスっぽい?!
f0084573_22545121.jpg





畳平で見かけたお花
f0084573_22583491.jpg

f0084573_22593597.jpg

f0084573_230245.jpg



お昼過ぎからは、雨予報だったのに、
3時になっても、雨が降る気配はなし。
山を降りてからも、ぜんぜん!

雨が降るどころか、お日様が余計に元気になっていったくらいで‥

やはり、今回も晴れ女パワーが、雨雲を吹き飛ばしてしまったようです(^-^;

明日も当初の予報より、天気よくなりそう。
よいお天気だったら、
新穂高ロープウェイ、上高地、目指します009.gif
by greengreen28 | 2014-07-31 20:52 | 飛騨・高山 | Trackback | Comments(2)

山陽道の旅~その5

蒸し暑い日が続きますね。
湿度の高さに加え、このところ気温も上昇、
岐阜では先週、最高気温34度や35度近くまで上がりました。
明日からは天気予報もずっと晴れマーク、
梅雨明けももうすぐのようですね!


前置きがながくなりましたが。。
いよいよ山陽道の旅、最終章、
3日目の尾道編です。


尾道といえば、何年か前、朝ドラの舞台にもなりました。
映画の舞台にも何度かなっているようですね。
瀬戸内の海、たくさんのお寺、坂道に細い路地、
風光明媚なこの土地を、かつて多くの文豪が訪れ、歌を詠み、
そしてまた、この地に居を構えたのでした。

そんな素敵な風景と、歴史と文学の香り漂うこの土地を、
一度訪れてみたいものだと、以前からおもっていました。
今回、山陽道の旅で、念願が叶ったのでした^^


尾道には、やはりロープウェイがあります!


f0084573_21554342.jpg

山の上のほうには、千光寺があります。
ここにはぜひとも行ってみないと!


まず最初にこのロープウェイに乗って、展望台に行ってみました。
ここからの眺めもなかなかいいです^^
やはり霞んでいますが・・



対岸には尾道水道と、向島・因島などたくさんの島々が見えます。
f0084573_21573323.jpg


こちら、千光寺
f0084573_22002155.jpg



千光寺からの眺め

f0084573_21591087.jpg



手前の塔は、天寧寺の三重塔 
f0084573_21594128.jpg




文学のこみち
千光寺ロープウェイ山頂駅から1kmほどの遊歩道、
尾道ゆかりの、林芙美子、志賀直哉、正岡子規らの作品の一節などが
刻まれた文学碑があります。(全部で25あるらしい)

f0084573_22081901.jpg
















文学のこみちを歩いたあとは、おのみち文学の館を見学しました。
おもに林芙美子を中心とし、他に昭和初期頃に活躍された、
尾道にゆかりある文人の展示がされているようでした。
中に入ると、年配の男性の方が、説明しましょうか?
とおっしゃってくださるので、では、簡単にお願いします。
と言ったのですが・・
それが、なかなか雄弁に語られること!

行友季風とか高垣眸とか言っても、ピンとこないのだけど、
国定忠治や怪傑黒頭巾といえば、詳しくは知らなくても
聞いたことはあります。
林芙美子といえば、放浪記ですが、その半生は波乱万丈、
自由奔放な生き方は、当時としてはすごい奇抜だったことだろうと、
聞きながら驚かされたり。
「花のいのちはみじかくて 苦しきことのみ 多かりき」
このことばも、とても有名ですね。

尾道ゆかりの作家について、説明を聴くこと1時間(@_@;)
娘には、退屈だったかな。
気になりつつも、おじさんの熱弁に引き込まれて、
つい最後まで聴いてしまいました、、ごめんね!


文学の館のすぐ近くには、志賀直哉の旧居もありました。
ここで、あの有名な暗夜行路も書かれたのだそうです。
    



  
左上 志賀直哉旧居 
 左下  ここからの風景  
右上  暗夜行路の文字が刻まれた碑 
  右下 志賀直哉の作品が読めるカフェにて
          写真は、ブラッドオレンジと暗夜行路の文庫本

 f0084573_22141315.jpg


















志賀直哉旧居を出てから、近くのカフェで休憩しました。
おのみち文庫併設というその小さなカフェには、
志賀直哉の作品が何冊か置かれ、自由に読むことが
できるようになっていました。
高台にあるカフェの窓からは、尾道のまちなみや、尾道水道
対岸の島々など、なかなか良い景色。
暗夜行路の文庫本を手にとってみると、尾道のことが、
何ページかにわたり、詳しく書かれています。
昔読んだことがあるのだけど、もうすっかりそのあたりのことは
忘れてしまっています。

中はとても暑かったのだけど、エアコンはなく扇風機がまわっているだけ。
冷えたブラッドオレンジが余計に美味しく感じられました^^


ブラッドオレンジで英気を養い、
もう少し歩いてみることにしました。

尾道といえば、細長い路地ですね。
映画にもよく出てくる場面のようです。



f0084573_15113515.jpg


そして、尾道といえば、猫!
f0084573_15121607.jpg


この路地にいた猫ちゃん、人懐こくて
全然逃げようとしません。かわい~*^-^*
f0084573_15124184.jpg


路地をあちこちしながら、天寧寺まで行ってみました。
すぐそばに見えるのに、なかなかたどりつけずに、まわりを2周もしてしまいました。
ここには、五百羅漢像が安置してあるとか、
是非見てみたいものだと、たくさんあるお寺のなかで、まずここに行ってみました。



左上     本堂
左下  五百羅漢堂
右上    三重塔
右下   五百羅漢

f0084573_15131709.jpg


















五百並んだ羅漢さんを目の前にすると、なかなかの迫力です。
以前、岩村の千体仏さんを見たことがありますが(こちらのブログにも載せてます)
そのときの仏さんは、もっと小さくてかわいらしかったのですが、
ここの羅漢さんは、それよりもずっと大きい。
千体仏さんもそうだったように、一体一体みなさんお顔つきも衣装も違っていっらっしゃいます。


尾道には、他にもたくさんたくさんのお寺があり、
時間と体力が許せば、もっと見て回りたかったのですが・・・
すでにかなり歩いて疲れ、時間もそれほどなくなってきたので、
お寺まわりは諦めることにしました。


尾道は、文学のこみちや細い路地、たくさんのお寺以外にも、
見どころがあります。
商店街にも、なかなか面白いお店がありました



レトロなお店、飾りに趣向を凝らしたお店、
尾道浪漫珈琲のお店など、個性的なお店があちこちに!

f0084573_15134810.jpg









最後、駅の近くに、「ガウディハウス」があるというので、
最後の力を振り絞って、歩いていってみました。
ガウディなんて名前がついてるから、どんな凝った作りの家なのかと
ちょっと興味を持って行ってみたのだけど・・



f0084573_15140710.jpg


たしかに古くて、ちょっと目立つ建物ではあるけど、
どうしてガウディハウスなんて名前がついたのかまるでわからない・・
向かいの時計屋さんの御主人に尋ねてみたところ、
中にある螺旋階段が、ガウディばりの凝った作りになっているのだとか。
でも、今は買い取ったところが公開していなくて、見ることができないのだそう。
せっかくがんばって歩いてきたのに、がっかり(;´ρ`)
そのご主人、とても親切にいろいろ教えてくださって、それは嬉しかったけど。。



最後は、期待外れに終わったけれど、
全体的には、とても充実したよい旅でした^^
たくさんの想い出ができたかな。娘にとってはどうだったのかな?



帰りは山陽本線で尾道から岡山へ。
岡山からは、のぞみで名古屋へ、
娘とはそこで別れ、さらに東海道本線で岐阜に帰っていきました。




こちらは、夕食用の駅弁。
おにぎり弁当がめちゃくちゃ大きい(@_@;)

f0084573_15145879.jpg









これで、山陽道の旅シリーズはおしまい026.gif







by greengreen28 | 2014-07-20 22:44 | 山陽道 | Trackback | Comments(4)

山陽道の旅~その4

ここのところ連日の更新ですね^^
もっとも、この旅行に出かけたのは、1か月以上前のことなので、
記事ネタとしては古いわけですが・・


2日目の午前中は弥山へのプチ登山。
行きのロープウェイは怖かったけれど、
帰りは、6人で賑やか!
乗りあわせたのは、地元広島のご夫婦連れと
そのお友達という、福井からのご夫婦連れ、
初対面だったけれど、楽しくお話しておかげで怖さも感じず
あっという間に降りてこられました。

午後からは、厳島神社とその周辺をまわりました。
まずは、厳島神社へ。



神社参拝入り口
入口には、世界文化遺産とかかれた看板が!

f0084573_20004117.jpg


大鳥居
これだけの大きくて重そうな鳥居
しっかりと柱が地中深くにうちこまれているのかと思いきや、
なんと、ただ置かれているだけなのだとか。
鳥居自体の重さで立っているのですね。
なんだか不思議。よく倒れないのですね。
f0084573_20025103.jpg


長い廻廊 朱塗りが鮮やか
床板の間には目透しという隙間がつくってあります。
高潮時に、海水の浮力を逃がす役目をしているのだそうです。
f0084573_20031118.jpg

f0084573_20034799.jpg


社殿と灯篭と大鳥居
この日の満潮時間は、11時22分
すでに2時間近くが過ぎ、かなり潮が引いてきています。


f0084573_20032604.jpg


この日、拝殿内では、小学生くらいの子どもたちの空手大会が行われていました。
世界遺産の建造物の中で、空手の試合ができるなんてすごい!
しかも、大勢の観光客が見つめる中で。
子どもたちにとっても一生の思い出になることでしょう。
といっても、小さいころには、世界遺産であろうとなかろうと、
大人ほどには、さほど関心がないのかもしれないけれど。。
他にも神社の敷地内とおもわれるところで、薙刀の大会も行われていたり、
ここで、スポーツの大会が行われているとは、意外でした。


厳島神社を出てから、周辺の神社も観て回りました。



こちらは、清盛神社
f0084573_20041661.jpg



豊国神社(千畳閣)と五重塔
f0084573_20043695.jpg


豊国神社

f0084573_20045298.jpg
豊国神社は、豊臣秀吉が戦で亡くなった人たちへの供養として、
毎月一度、経をあげるために、政僧であった安国寺恵瓊に命じて建立された大経堂で、
畳857枚分の広さがあることから、千畳閣とも呼ばれているそうです。
また、秀吉の急死により、内部は未完成(板壁や一部天井の板がない状態)のままになっています。


他に、大願寺、大聖院、宝物館など一通り見て回り、
その後、町屋通り、表参道と、
おみやげ屋さんや、食べ物屋さんで賑わう通りを、歩いてみました。

食べ物ではあっちにもこっちにも、店頭で焼いている牡蠣、穴子料理が目立ち、
やぱり広島、宮島!ですね。
娘は牡蠣が苦手、私は焼き牡蠣大好き、なので臭いに誘われて、お昼にちょっとお試し。
旬ではなかったけれど、それでも焼きたて牡蠣、美味しかった~♪


3時のおやつの時間?には、揚げ紅葉まんじゅうのデザートを!



宮島名物?
揚げもみじ
f0084573_20051723.jpg

なにかのテレビ番組でも紹介されたことがあるとか。
娘はよく知ってる様子。
揚げもみじに抹茶アイス、そのうえに小豆と、
豪華トリプルの取り合わせ。
これはボリュームありすぎ!全部は食べられないよ、
と言いつつ、結局食べちゃいました(@_@;)
よって、夕食は軽めにしておきましたが・・
(宿の夕食なしにしておいてよかった!)



午後から、あっという間に時間がすぎ、すでに夕方。
この日は尾道まで移動しないといけません。
宿にあずけておいた荷物を駅で受け取り、
フェリーに乗って、宮島口へ。
さらに山陽本線で尾道へ。

宮島口についたのが、尾道への直通が出る5分ほど前。
到底間に合わないかとおもったけど、なんとかギリギリ間に合い乗ることができました(*^_^*)


次回は、最終日、尾道散策を029.gif



by greengreen28 | 2014-07-11 22:06 | 山陽道 | Trackback | Comments(4)

今日のお昼ご飯!

なんか骨折してから、急に投稿が増えたみたい(^-^;
今日は台風の影響で、雨風強くて
外に出る気もしないし、洗濯掃除もする気になれない。
読みかけの本も、もう二冊読んじゃったし、今日はなんとなく暇!
こんなにのんびりな感じになるのは、久しぶりだなぁ~

昨日は、これまでかかっていた整形外科と違うところにかかってみた。
医者によって、おっしゃることは違うんですね。
もうちょっと早くから運動も再開できそう(*^^*)
痛みが完全にとれるのに1か月くらいとのこと。
よかった~!

あと少し、腹筋、エアロバイクでもしとこうかな(笑)

写真は、今日のお昼ご飯

☆トマトとなすとシーチキンのパスタ
☆自家製ウメジュース

なすとしめじをオリーブオイルで炒めて、カゴメのかけるトマト一箱と、シーチキン一缶を入れ、軽く塩コショウして、ちょこっとかき混ぜなから火を通し、茹でたパスタにまぶしただけの、
楽チン料理。(この分量で2食分できました。さすがに全部は食べれないので、残りは明日の昼食用に。)

かけるトマトもシーチキンもパスタもストックきくから、いつでも作れる。
こんなんでも、結構おいしかったしq(^-^q)

このあいだは、細麺で、このかけるトマトとシーチキン、オリーブオイルで、冷静パスタにしたけど、こちらも夏向きでなかなかよかった!

f0084573_1495559.jpg

f0084573_14101257.jpg

f0084573_14101899.jpg

※台風接近のため、バイトも休講になった。
暇な時はとことん暇になるものだね、
雨が小ぶりになってるから、今のうちに近くの本屋にでも行ってこよう043.gif




by greengreen28 | 2014-07-10 13:54 | 料理 | Trackback | Comments(0)

山陽道の旅~その3

山陽道の旅2日目、
午前中弥山へ、午後から厳島神社とその周辺神社をまわりました。

宮島といえば厳島神社ですが、
世界遺産として対象になったのは、それだけではなく、
後背地にある弥山も、含めてのことなのだそうです。
恥ずかしながら、今回の旅行を計画するようになるまで知りませんでした。

事前に調べていたときに、この弥山のことを知り、
ぜひとも行ってみたくなりました。
そこで、午前中涼しくてまだ元気のあるうちに、弥山に登ってきました。

厳島神社近くの紅葉谷公園からロープウエイに乗ると
弥山山頂に、早く登れます。
一番下から登ったら、時間がかかってしまうため、
今回はこのロープウエイを利用しました。



紅葉谷公園
秋には紅葉が美しくなることでしょうね。
f0084573_17430082.jpg

ロープウェイは2つ。
1つ目は、8人乗りの小型
2つ目は、30名乗りの大型のものでした。

まだ朝早い時間のためか、最初のロープウェイは空き空きで、
私と娘2人だけで乗っていきました。
おかげで、景色がよく見えますヾ(;´▽`A``


f0084573_18390596.jpg


これがなかなか高くて刺激的!
高所恐怖症の私は、足元がぞみぞみしっぱなし。
娘の怖がり方は私以上。
幼い頃は平気だったのに、いつの間にか親を超えるほどの
立派な高所恐怖症になってしまったようです。


獅子岩駅で二つ目のロープウェイを降り展望台へ。
そこからの眺めもなかなかのものなのだけど、
この日もあいにく黄砂が酷くて、遠くの景色は靄がかかっていました。


ここから、さらに30分ほど登ると、弥山頂上に行けるのだけど
宿の人の話だと、上の方が急になってるそうで、
先日登られたお客さんが、
「甘くみてた、かなり急なところもあってきつかった・・」
とおっしゃっていたとか。
そんなにきついのか・・大丈夫かなと一瞬心配になったけれど、
やはりせっかく来たのだから、登らないのはもったいない。



事前に調べていたこちらのサイトによると、

『弥山とは…

標高約535m、古くから信仰の対象だった宮島の主峰。弘法大師が806年に開基して以来、平清盛や伊藤博文などの偉大な歴史人の信仰を集め、ゆかりの史跡が数多く残ります。手つかずの自然は「弥山原始林」として、平成8年(1996年)に厳島神社とともに世界遺産に指定され、独特の地質から生まれた奇岩怪石や史跡と相まって、すばらしい景観を創り出しています。』


また、初代内閣総理大臣の伊藤博文は、かつて宮島 弥山への信仰が厚く度々訪れたと云われているそうです。そして、弥山頂上からの眺めを「日本三景の一の真価は頂上の眺めにあり」と感嘆したそうです。



頂上の眺め、弘法大師以来の信仰の場、原始林・・
魅力的ですね。

途中日差しの差し込むところはちょっと暑かったけど
木立の中は割と涼しくいい感じ。
20分ほどで、弥山本堂と、「消えずの火」がある霊火堂に到着!



こちら、霊火堂。
堂内で燃えている「消えずの火」は、
弘法大師が修行に使ったもので、
1200年以上燃え続けているのだそうです。

f0084573_19553091.jpg

弥山本堂と霊火堂を出て、再び山登り。
ここからは、宿の人がおっしゃったように、登りが急になってきました。
大きな岩が見られるようになってきて、岩と岩の間をくぐったり、
岩をよいしょっとよじ登ったり。
年配の方や幼い子どもさんも登ってたけど、結構きつそう。
でも、なんといっても時間が短いから大丈夫でした。

10分ほどで山頂に到着!


展望台より

山頂付近には、巨岩奇岩が多く見られます。
f0084573_18420994.jpg
眼下に見えるのは、宮島桟橋
対岸は宮島口あたりかな。
f0084573_20130097.jpg

手前の山頂には、先ほど降り立ったロープウェイの駅
「獅子岩駅」と展望台が見えます。
さらに遠くの方に見えるのは、江田島とその周辺(たしか・・)
f0084573_20153905.jpg


この日もよいお天気。
黄砂さえなければ、もっとはっきりと見ることができただろうに。
ちょっと残念だったけど・・
でも、来てよかった。
霞の間から、瀬戸内の海や島々を、360度見渡すことができました。
可愛らしい島、面白い形の島、いくつもいくつもぽこぽこっと
海面からでているその様子、初めて見る光景、
このところよく見て回っている山や川とは、また違った自然の美しさでした(^^)

帰りは勢いづいて、あっという間に降りてきました。


f0084573_20315709.jpg

これで、2日目の前半終了。
後半は、厳島神社とその周辺を029.gif




by greengreen28 | 2014-07-09 00:42 | 山陽道 | Trackback | Comments(0)

再び骨折!!

今年は梅雨入りしてからも、あまり雨が降らないなぁとおもっていたけれど、
今週は月曜から金曜までずっと雨予報ですね。
ここにきて、ようやく梅雨らしくなってきたようです。
しかし、沖縄近海には史上最強の台風8号が近づいてきているとのこと、
最大瞬間風速75メートルとか、想像もできないほど。
どんな風が吹き荒れるのか、心配です。大変な被害がでなければいいのだけど・・

ところで、先週の日曜日の夜のこと。
梅シロップを漬け終え片付けようと、5Lサイズの大きな瓶の取っ手を、
手に引っ掛けて、持ちあげようとしたところ、
手からするりと滑り、足の上めがけて落下!
あっ!っとおもい、瞬間に足を引っこめ逃げたつもりだったのだけど・・
わずかに3センチ、逃げ切れずヾ(;´▽`A``

もう親指の先端が潰れてしまったかとおもうくらい、
痛くて痛くて(泣)
しばらく床に転げ回って、「痛い!痛い!」
って叫んでしまいました。

翌日、近所の整形外科でレントゲン撮ったところ、
親指の爪の横と付け根あたり、縦と横にぴきっと亀裂が入っていました。
「骨折ですね・・」
と、そして完全に骨がくっつくには、6~7週間くらいかかるだろうとのこと。

ああ、またやってしまった!
家の中で骨折するのはこれで2度目。
尾てい骨強打の一件も含めると、3度目。
いいかげん、気をつけて生活しないといけませんね(´_`。)

まだ足の先なので、歩くこともできるしバイトもできるし、
左足だったので運転にも支障ないので、それは不幸中の幸い。
でも、当分運動できないし山登りもできないし、
たくさん歩くのも無理そう。
しばらくは、日中おとなしく家ですごすことにします002.gif




by greengreen28 | 2014-07-07 17:26 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)


日々の何気ない出来事や感じたことなどを綴っています


by greengreen28

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

お知らせ
at 2018-04-13 22:16
2日目・姫路城
at 2017-05-21 17:22
1日目・神戸&明石
at 2017-05-15 13:47
今年のゴールデンウィーク
at 2017-05-07 17:37
憧れの姫路城へ行ってきました^^
at 2017-05-03 15:41
冬の上高地へ その2
at 2017-03-16 15:41
冬の上高地へ
at 2017-03-08 14:58
春の訪れ
at 2017-02-28 16:12

カテゴリ

全体
日々のできごと
お弁当
料理
テニス
スポーツ
自然
山歩き
郡上八幡
飛騨・高山
山岡滞在記~岩村・明知鉄道など
犬山
大阪
京都
奈良
滋賀
鎌倉・横浜・東京
上高地
福井~永平寺・東尋坊
金沢
名古屋
道の駅めぐり(西濃編)
道の駅めぐり(中・東濃編)
道の駅めぐり(飛騨編~白川郷)
おでかけ

ブログ・HP・PC
家族
音楽
映画
その他
岐阜市内
山陽道
東北
富山
神戸・姫路

Date&Weather

以前の記事

2018年 04月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

移動探査基地
** mana's K...
お山歩日記

外部リンク

リンク

最新のコメント

sarusaさん、ご無沙..
by greengreen28 at 13:56
先日姫路城に行ってきたの..
by sarusaM1 at 14:42
明石海峡大橋には、「舞子..
by greengreen28 at 16:07
神戸の異人館には行った記..
by sarusaM1 at 08:37
ゴールデンウィークは行楽..
by greengreen28 at 22:33
姫路城、改修前に行かれた..
by greengreen28 at 22:24
桜の写真はUP出来なくて..
by sarusaM1 at 18:14
GWにお出かけされたんで..
by sarusaM1 at 18:10
いよいよ花粉が本格的にな..
by greengreen28 at 23:16
冬場の上高地スノーシュー..
by greengreen28 at 23:11

最新のトラックバック

南アルプスの最高峰2座の縦走
from dezire_photo &..
ノゾリキスゲなど高山植物..
from dezire_photo &..
ノゾリキスゲなど高山植物..
from dezire_photo &..
男子テニスのスイス室内:..
from 自分なりの判断のご紹介
日本文理ナイン
from れいおうのささやき
ロディック
from 橋本甜歌 前略 ネタバレ
日ハム44年ぶりの日本一
from A TALE FOR YOU
WBC 韓国戦
from よしむのblog(mlog)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
旅行・お出かけ

画像一覧